ポリ袋保温調理で自家製ツナを作ろう

tuna_10.jpg

本日、地球のココロで
「ポリ袋保温調理で自家製ツナを作ろう」
という記事を掲載していただきました。

以前に書いたポリ袋調理の記事の続編です。
しっとり柔らかく、でも食べごたえがある独特の食感で
美味しかったですよ。

ところで、このツナも記事の中でおにぎりにしていますが
娘がおにぎりだと、よく食べるんです。
面白いほど、おにぎりを喜びます。

地球のココロ編集部の清水さんもおにぎりブームだそうで
清水さんからの影響もあり
いろんなおにぎりを作ってみたいなあと思っています。

一方で
「おにぎりは誰が作ったかによって、食べたくないときがある」
という意見もあったりして。

おにぎり(とくに手作りのもの)に関しては
ただの食べ物という以上の何かがあるような気がしてなりません。

赤ちゃん布団「トッポンチーノ」を手作りしてみた

toppo_12.jpg

久々、地球のココロでコラムを掲載していただきました。
育児休暇明けの第1回ということで、育児とからめた

★赤ちゃん布団「トッポンチーノ」を手作りしてみた

という記事です。
妊婦さんや、その身近なかたで、何か手作りしたいと思っているかたに
お役に立てたらいいなあと思います。

そういう実用情報としてだけでなく
「トッポンチーノっていうものがあるんだ」と
モンテッソーリ教育の考え方(ほんの一部ですが)に
興味をもっていただけたら嬉しいです。



トッポンチーノ以外で、使えたアイテムをご紹介しますね。

junyuu1.jpg
授乳クッションはスナップボタンで外すと抱き枕に。
トッポンチーノ同様、ヌードは古シーツです。

junyuu2.jpg
洗い替えはIKEAで買った布で。

hadagi2.jpg
さらしとリバティプリントで作った短肌着。
(同じリバティプリントで布おむつカバーも作ったのですが
布おむつは2日で中断したのでほとんど使わず)

hadagi.jpg
色違いのダブルガーゼで、パイピングを別布にした肌着。
上の子は6月生まれだったので夏は肌着1枚でよく着せていました。

gaze.jpg
ガーゼハンカチは、メーター買いした無地のダブルガーゼを
段染めのミシン糸でステッチをかけて手作りしました。
市販のガーゼハンカチよりも柔らかく、肌に優しいと思います。

buruma.jpg
紙おむつのかたは、ブルマを作ると便利だと思います。
女の子はスカートの下に履かせて使えますし
男の子だとカボチャパンツみたいな形が可愛いですよね。

あとは定番のスタイ、チューリップハット、
母子手帳ケース、夫サイズの抱っこ紐など。

使わなかったのは、授乳時に腕にはめるアームカバー、
赤ちゃんの背中に入れる汗とり、
コットンで編んだ帽子・レッグウォーマー。
スリングも、便利なのでしょうが、怖くて使えず
クロスタイプの抱っこ紐のほうが活躍しました。

最近はなかなかミシンを出す時間が作れていませんが
赤ちゃん柄のダブルガーゼのストックがまだたくさんあるので
夏のパジャマでも縫えたらなあと思います。

メールアドレス変更のお知らせ

ひさびさのブログ更新です。
メインで使っていたアドレスが変更になりました。

名刺交換させていただいたかたは
名刺のアドレスは機能していますので
そちらにご連絡いただければと思います。

名刺がお手元になく大坪に連絡を、というかたは
お手数ですが、ブログに非公開コメントでご連絡ください。

(gooの無料メールがサービス終了となったためです。
不具合があっても無料だからなあと思って使い続けていましたが
有料となると、うーん、となって ←貧乏くさいですね。笑
他のアドレスに切り替えることにしました。

名刺にはプロバイダのアドレスを載せて、転送していました。
フリーメールを名刺に載せるのも、と思ってのことだったのですが
結果的に、それでよかったです。
大手のメジャーなサービスでも突然終わってしまうことがあるのですね)



娘は2歳8ヶ月、息子は5ヶ月になりました。
いまは子育てが生活の中心になっているので
ゆっくりしたペースではありますが
少しずつ、また原稿のお仕事も始められたらと思っています。
そのさいはこちらでお知らせさせていただきます。

果物の皮からおこした天然酵母でパンを焼く

kobo_11.jpg

地球のココロに記事を載せていただきました。

「果物の皮からおこした天然酵母でパンを焼く」

去年の10月から12月にかけてやってみたことのレポートです。

酵母をおこすところから解説しているパン作りの本は
少ないながらも、あるにはあるんですが
「皮で」にこだわってしまうと、なかなか見つからず
手探りでやっています。

保存食づくりなんかでも痛感するんですけど
こういう天然酵母を扱うものも、熟練している人って
失敗してもめげずに、そこから改善点を見つけて
次につなげていく、タフな人なのだろうなあと思います。

「節電母さん」で取材したアズマさんも
失敗すると、次はどうすればいいのか工夫するのが楽しい、と
おっしゃっていたっけ。

私も、楽しめる範囲でやってみているものの
まだまだ中途半端だなあ。

なお、こちらの記事の最後にも書きましたが
現在、臨月でして、しばらく産休・育休でお休みをいただきます。
またお仕事を再開できるときを楽しみにしています。

富良野の美味しい野菜と空気が届く、ハネモノ(モ)マーケット

hanemonomo_99.jpg


今月の地球のココロは、電話取材の記事でした。

「富良野の美味しい野菜と空気が届く、ハネモノ(モ)マーケット」

昨年頼んですごく楽しかったので、ぜひとも記事にしたかった企画です。
でもスチャダラパーのアルバムに出ていらしたかただとは
お電話する前夜まで気づかず、本当にびっくりしました。

実際にお会いしたことのないかたに、いきなりお電話で
働き方や生き方についてずけずけとお話を伺うというのが
何だか申し訳ないような気持ちになりつつ。

(長い時間かけて決めたことや、大事なこと、個人的なことを
いきなり他人の私が少し話を聞くだけで記事にするなんて、、、
という後ろめたさ)

でも、すごく興味深くて、時間があればもっといろいろお聞きしたかったです。

原稿をご確認いただく際も、すごく丁寧に見てくださって
ありがたかったです。
ものづくりをする人のこまやかさだなあと、感激しました。

トップに載せる写真は、ちょうど北海道で大雨が続いた時期で
一度お送りいただいたあと
「もっといい写真が撮れたから」と再送してくださったのでした。

きっとスコーンと抜けた青空なんだろうな、と思ったら
青空だけじゃなかった!
坂川さんのポーズ、表情、奥さん&ネコちゃんのシチュエーション、
いろいろ違ってて、しばらく笑いが止まりませんでした。

勝手な推測ですが、インタビューの内容がすっごくカッコいいので
写真でバランスとろうとされたんじゃないかなーと思っています!

この記事がきっかけでハネモノ(モ)マーケットで予約されたかたが
いらしたようで、嬉しいです。どうもありがとうございます。
収穫の季節が楽しみですね。
プロフィール

大坪有香

Author:大坪有香
こんにちは。2009年6月からフリーのライターとして活動しています(それ以前の略歴は会社員時代カテゴリにまとめています)。

こちらではwebで読める記名原稿を中心に、仕事内容を時系列でご紹介しています。

2011年6月に長女を出産してから子育てが生活の中心になりましたが、できる範囲でお仕事も続けさせていただいています。

お仕事のご依頼はお気軽に。ご連絡先を最新記事に非公開コメントとしてご記入ください。こちらからご連絡さしあげます。
(※メールアドレス・お電話番号をお知らせいただけますようお願いいたします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR