スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者リハビリの現場から“死ぬ直前まで自力でトイレに行けるために”

koreisha_04.jpg

公開からちょっと時間がたってしまいましたが
地球のココロで
「高齢者リハビリの現場から“死ぬ直前まで自力でトイレに行けるために”」
という記事を掲載していただきました。

記事の中に、座れる人にはなるべく座って過ごすように指導する、
そうでないと寝たきりになってしまう、という話があります。

それだけ、寝ているときと、座っているときで
身体の使い方、疲れ方が違うってことなんだなあと
しみじみ思いました。

斎藤さんのお話の主旨とはちょっとずれるんですが
それだけ、寝床に横たわると身体が休まるってことなんだなあ
とも思いました。

いま妊娠9か月でして、とにかく体がだるい。疲れやすい。
(夏の妊婦、しかも高齢出産……)
簡単な家事をして、2歳の娘の相手をするだけで
毎日ぐったりしてしまいます。

なので、この取材のあとは、ちょっと疲れたなと感じたら
なるべくこまめに身体を横にして休むようにしています。

お腹が大きくたって、娘は抱っこ抱っこと迫ってきます。
どうしても、のときは、なるべくお腹や腰の負担にならないように抱っこ。

大人の身体をケアする介護の大変さとは比べ物になりませんが
育児も体力勝負なので
なるべく自分が疲れない「テクニック」を身につけていきたいと思います。

そして子供たちが成人して、ちゃんと社会生活を送れるようになるまで
親として見守っていくためにも、健康に気をつけねばとあらためて思います。
先は長いのか、あっという間なのか。

ご近所にお住まいの斎藤さんには、お休みの日にうちに来ていただいて
一緒にお昼を食べてから、お話をうかがいました。
そのおかげで子連れ妊婦でも無事に取材記事を書くことができました。
どうもありがとうございました!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大坪有香

Author:大坪有香
こんにちは。2009年6月からフリーのライターとして活動しています(それ以前の略歴は会社員時代カテゴリにまとめています)。

こちらではwebで読める記名原稿を中心に、仕事内容を時系列でご紹介しています。

2011年6月に長女を出産してから子育てが生活の中心になりましたが、できる範囲でお仕事も続けさせていただいています。

お仕事のご依頼はお気軽に。ご連絡先を最新記事に非公開コメントとしてご記入ください。こちらからご連絡さしあげます。
(※メールアドレス・お電話番号をお知らせいただけますようお願いいたします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。